お知らせ

キャッシュレス決済 気をつけてください②

①からのつづき

ところが、1年ほどして気がつきました。「口座から金が減るのがはやい?しかも、キャッシュレス生活を始める前より減り方も多い?」

実は、キャッシュレス生活になったことで、買い物をすれば財布から現金が減る、財布に補充するためATMで現金を引き出せば、引き出した分口座の残高が減るという、あたりまえの現象を目にする機会がなくなったことで、知らず知らずのうちに、金の使い方が荒くなっていたのです。

また、現金生活のころは、無意識に「財布にこのくらい入ってるから、これを買っちゃうと財布の現金が減って、ATMに行かなくちゃいけないな、ATMに行くのが面倒だから買うのを止めよう」なんていう制御もできていたと思うのですが、キャッシュレス生活だとこうした制御も働かなくなるのです。

さらにポイント還元を盾に必要のないものを買ってしまうことも多くなります。ポイント還元なんてせいぜい1%かそこらですから、仮に10000円のものをキャッシュレスで購入しても還元されるのは100円です。たいして必要のないものを購入して100円得するより、買わなければ10000円節約できます。こうした当たり前の感覚が麻痺してくるのです。

その他にも、キャッシュレス決済のほとんどはクレジットカードと紐づいていますから、締め日の関係では、その買い物から引き落としまで、最長2ヶ月ほどかかります。つまり最長2ヶ月間借金しているわけですが、その感覚もほとんどありません。ですから、大きな支出があった月でも、他の支出を引き締めることもしなくなるので、2ヵ月後の引き落としがあった際にびっくりしてしまうのです。これをリボ払いなんかで利用していたら多重債務まっしぐらでしょうね。幸いにも、私は仕事柄、早目にキャッシュレス決済の落とし穴に気づくことができましたが、若年者やお金にルーズな人などは本当に危険ですので注意が必要です。

ここで、冒頭の事務所代表へ。「従業員にも危なかった者がおりますので、世間では確実に問題になってくると思います」と回答させてもらいます(汗)

 

と、ここまでキャッシュレス決済を悪のように言ってきましたが、キャッシュレス決済はやはり便利なことは間違いありません。使いすぎが怖い人は、チャージ式のものや最近普及してきたデビットカードなどを利用すればよいでしょうし、やはりポイント還元もメリットではありますので、上手に付き合えばキャッシュレス決済も悪いものではないと思います。社会のキャッシュレス化の流れも止められないでしょうしね。これをお読みくださった方は、私の危なかった話なども参考に上手にキャッシュレス決済とお付き合いください。

CONTACT

債務整理、過払い金請求、株式会社設立から訴訟や相続問題まで
ご相談は熊本の司法書士法人リーガルシップまで!

お気軽にお問い合わせください

0963514488
熊本南事務所(サンリブくまなん近く)
0963514488
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00
0962883788
法務局前事務所(熊本学園大学近く)
0962883788
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00