お知らせ

住居表示と地番の違い

皆さん法務局で登記事項証明書を取ったことありますか?税金の控除で税務署に出したり、会社や保険で出したり、必要な場合がたまにあります。

たまにと言っても数年、数十年と取ったことなければわかりませんよね。そこで最初につまづくのが登記事項証明書を取るときに必要な情報が「地番」という国が決めた番号で土地に振られています。皆さんが普段目にしている家の住所“熊本市中央区手取本町1番1号”などは住居表示と言い各市町村が一定のルールで決めてます。田舎だと、ほとんどの場合“地番=住所”となりますが街中だとそうはいきません。家が多すぎて地番ではわかりにくくて大変です。そこで各市町村が新たに住居表示をして誰が見ても家の場所がすぐにわかるようにします。緊急車両もすぐ来れますし宅配や郵便も誤配が減るようになります。

「何丁目」で探しその中から「何番」で探して、また「何号」で探すといった風に探しやすいようにインデックスがはられてるイメージです。

法務局へ行かれる際には毎年各市町村から送られてくる固定資産税の納付書等で確認できますので調べてから又は持参していかれた方がすんなりいくでしょう

CONTACT

債務整理、過払い金請求、株式会社設立から訴訟や相続問題まで
ご相談は熊本の司法書士法人リーガルシップまで!

お気軽にお問い合わせください

0963514488
熊本南事務所
0963514488
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00
0962883788
法務局前事務所
0962883788
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00