お知らせ

兄弟姉妹の代襲相続

 代襲相続人は民法887条2項及び889条2項により相続権を失ったものの子であり、かつ被相続人の血族(兄弟姉妹)でなければならない。つまり養子縁組の前の子は養子を代襲して養親又は他の子の遺産を代襲して相続することが出来ません。ここでも当たり前ですが血族関係にあるかどうかが重要になってきます。

例えばAの養子が被相続人の場合先に亡くなったAの実子の子は血族関係なので代襲相続人となります。

 

 

 

 

 

これに対してAの実子被相続人の場合Aの養子に縁組前の子は血族関係とはなりませんので代襲相続人とはなりません。

 

CONTACT

債務整理、過払い金請求、株式会社設立から訴訟や相続問題まで
ご相談は熊本の司法書士法人リーガルシップまで!

お気軽にお問い合わせください

0963514488
熊本南事務所(サンリブくまなん近く)
0963514488
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00
0962883788
法務局前事務所(熊本学園大学近く)
0962883788
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00